インヴィンシブル投資法人は高配当利回りのホテル中心リート

インヴィンシブル投資法人は数あるJREITの銘柄の中で常に高配当利回りランキングで上位に入ってくる銘柄です。

背景にいるスポンサーにソフトバンクグループの影が色濃く反映されていることも特徴の一つです。

私はその高配当に惹かれ2年ほど前から余剰資金が出るたびに投資しています。

先日インヴィンシブル投資法人に追加投資しました。
投資口数は1口、特定口座で買付しました。

本来であればNISA枠を使いたかったのですが、積み立て投資の枠の関係で、泣く泣く特定口座入りとなりました。

これでNISA枠と合わせ本ファンドは5口保有となります。





投資判断の理由


JREITは利回りを重視して投資していますが、本ファンドは概ね6%程度の利回りをコンスタントにキープしてくれているので、投資妙味はあるかな、と考えています。

実は本ファンドは10口保有で、保有ホテルへの宿泊割引優待券がもらえるので、密かにそれも狙ってたりします。


投資の際の注意点


注意すべき点は、本ファンドの保有不動産の中心はホテルであり、ホテルは景気の影響をモロに受ける事、そのせいか価格の変動が激しいという特徴があります。


私ならこうする


2020オリンピックの後どのようなパフォーマンスになるのかは慎重に見極めていこうかと考えています。


多少の価格下落程度ならばいいですが、それによって物件の稼働率が極端に低下したり周辺の路線価が急激に下落するようであれば、その傾向が出た時点で放出、という判断をする予定です。

0 件のコメント :

コメントを投稿

投資関連のオススメ書籍