新型iphoneは買いなのか?投資家目線で考えてみた

新型iphoneが発表されて間もなく1ヶ月



9月に新型iphoneが発表されましたね。

皆さんどのような感想を抱いたでしょうか。

いつかはまた買い換えないといけないものに10万近く払ってもいいものなのか?


今回は新型のiphoneと、ずいぶんリーズナブルになった感のあるiphone8シリーズとを比較し、投資家の視点からこれが買いなのか?を考えてみたいと思います。


先に結論を一部書いておきますが、私は今月予約が開始されるiphoneXRを購入する予定です。







iphoneシリーズの値段をおさらい


数字はAppleの公式サイトから取りました。税抜き表記されていたので、税込みに計算しなおしています。


  • iphoneXS
    64GBモデル :121,824円
    256GBモデル: 141,084円
    512GBモデル: 165,024円
  • iphoneXSMax
    64GBモデル  : 134,784円
    256GBモデル: 153,144円
    512GBモデル: 177,984円
  • iphoneXR(2018年10月19日予約開始)
    64GBモデル  : 91,584円
    128GBモデル: 98,064円
    256GBモデル: 109,944円
  • iphone8
    64GBモデル : 67,800円
    256GBモデル:91,584円

こうしてみると、容量単価だけを見ると、一見iphone8が一番値段としては妥当に見えますが、本当でしょうか。

もう少し考えてみたいと思います。


スペックについての考察


まず、核心部分に触れてみますが、おそらく大多数の方がアプリを動かしたりLINEや電話、ネットサーフィンをする分には、体感差はほとんどないと思います。


本サイトはIT系のサイトではないのでその辺の説明はより詳しい方々に譲ります。


知り合いでiphone8を持っている人間がいたので少し触らせてもらいましたが、SBIの株アプリを動かしたりする分には、全く問題なく作動し、特にストレスもありませんでした。


そもそも、現在お持ちのスマートフォンのスペックに満足されている方は買い替えなど検討しないと思いますし、おそらくどのモデルを購入しても性能アップは確実な方の方が多いと思いますので、この辺については特段考慮はしていません。


容量単価を考察する


次に、容量単価について以下の通り計算しなおしてみました。


  • iphoneXS
    64GBモデル :1,904円/GB
    256GBモデル:    551円/GB
    512GBモデル:    322円/GB
  • iphoneXSMax
    64GBモデル  : 2,106円/GB
    256GBモデル:    598円/GB
    512GBモデル:    348円/GB
  • iphoneXR(2018年10月19日予約開始)
    64GBモデル  : 1,431円/GB
    128GBモデル:    766円/GB
    256GBモデル:    429円/GB
  • iphone8
    64GBモデル : 1,059円/GB
    256GBモデル:   358円/GB

こうやってみると、同じ容量で横並びで見てみると、iphone8が一番安く、次にXR、XS、XSMaxの順に高くなっていくのがわかります。

じゃあ、このままiphone8を買うのが一番いいのでしょうか。

最後にもう一度考察します。


耐用年数から年間当たり容量当たりの年間支出額を考える


2013年発売のiphone5sがiOS12に対応したことから、最低でもiphoneは発売から6年間は動作が保証されていると考えてもよさそうです。

ここから、耐用年数を発売から6年と過程し、年間当たり、容量当たりのコストを考えてみました。

  • iphoneXS
    64GBモデル :317円/GB・年
    256GBモデル:   92円/GB・年
    512GBモデル:   54円/GB・年
  • iphoneXSMax
    64GBモデル  : 351円/GB
    256GBモデル: 100円/GB
    512GBモデル:   58円/GB
  • iphoneXR(2018年10月19日予約開始)
    64GBモデル  : 239円/GB
    128GBモデル: 128円/GB
    256GBモデル:   72円/GB
  • iphone8
    64GBモデル :  212円/GB
    256GBモデル:   72円/GB

こうしてみると、容量当たりの年間コストに直すと、iphone8の容量あたりのコストは必ずしもぶっちぎりで安いわけではない、と言うことができます。

ここで、自分の現在使っている機種(zenfone3)の後継機種のzenfone5はカカクコムの値付けは46,159円が最安値、Androidは3年しかアップデートが無いことを考えると、容量あたりの年間支出額は240円/GB・年。

わずかではありますがiphoneXRの方に軍配があがります。


用途を考える


私の場合、という但し書きがありますが、私の現在の事情は以下の通りです。

  • 現在使用中の機種(Zenfone3 5.2インチ)の動作が恐ろしく遅くなった
  • ブログ執筆のため現在の機種では画面が小さい
  • それ以前に、現在の機種ではネットサーフィンの文字も小さい傾向にあり見辛い
  • SBIの株アプリの文字も小さめで、誤クリックも増えた
  • 電池持ちもかなり不安になっており、仕事帰りにはほぼゼロになる日もある

上記で出した年間支出金額と、用途から見て、大画面、電池持ちがいい、そしてブログ執筆やそれに伴うブラウザの使い込みにも耐えれそう、という観点から、iphoneXRを選ぶことになりそうです。


まとめ


年間支出金額、および用途から、必ずしも最安値ではありませんが、私はiphoneXRを選ぶことになりそうです。


この記事が何かの参考になれば幸いです。






0 件のコメント :

コメントを投稿

投資関連のオススメ書籍