つみたてNISAか?一般NISAか?ジュニアは様子見でもいいのでは

要は、選択肢が一つ増えたということ



2018年1月からの制度変更のため、NISAにはジュニアNISAを含めると3つのラインナップが出来たことになります。


結果、投資家の間口を広げるチャンスができたと言えます。


が、考えようによっては、もともと投資をしない人にとって選択肢がさらに増えて、何がいいのかわからない、ともなりそうです。


今回はこのNISAについて考えます。






NISAは3種類ある



今回考えるNISAには以下3つの形態があります。


NISA(以後一般NISA)


年間120万円までで、売買益や配当金が5年間非課税になります。


JREITから投信、海外株式やETFなど、ほぼすべてのリスク資産に投資できます。


最近は海外ETFは手数料無料など、証券会社によって我々のパフォーマンスに直結するようなサービスも展開されています。


金融庁のHPによると、投資可能期間は2023年までです。


つみたてNISA


一般NISAとは違い、投資信託のみが買付できます。


買付できる銘柄も、簡単に言うと金融庁の基準を満たしたものだけという、ある意味とても制限のかかった、初心者からすればやれることも限られるので悩む必要もない制度と言うことになります。


投資枠は年間40万円まで、非課税期間は20年です。


投資可能期間は2037年までとなっています。



ジュニアNISA


投資枠が年80万円まで、原則子供が18歳になるまで引き出し不可などの制限がある以外は一般NISAと一緒です。
投資可能期間は2023年までです。


ジュニアNISAは様子見でもいいのでは


非課税枠はパフォーマンスアップにはとてもわかりやすい制度なので、やりたい人はそれでいいのではないかとは思います。


ただ、ジュニアNISAについては正直なところ、非課税期間は5年だけなのに子供が18歳になるまで引き出しできないと言うところに引っかかりを覚えます。


子供が12歳くらいならいいですが、もし今年子供が生まれた方がはじめたら、5年間の非課税期間が終わったら?


そのまま売って放っておくのでしょうか。


大和総研によると、最近はNISA恒久化の話も出ているらしいですが、そこがはっきりしない限り、引き出し時期まで無駄に寝かせておくのでしょうか。


子供が18歳になる前に引き出したらジュニアNISA口座が消滅するのも解せません。


それなら、最初からまNISAの枠を子供のいる方だけ200万円にしてしまえば事足りるのではないでしょうか。


そもそもこれは教育資金を投資で増やすという側面があるように感じますが、ライフプランニングの観点から見てそれは絶対にやってはいけないことなのではないでしょうか。
(関連記事:ライフプランの重要性について書きました


私はこの制度は不透明な所がまだまだ多く、少なくともNISA恒久化の方向性が見えてから態度を決めても十分なのでは、と考えています。



つみたて?一般?



おそらく今後も議論が尽きることは無いでしょうが、言えることは、投資を通じて何をしたいのかによるのではと考えます。


海外株式やREITなども買い付けたいか



もし投信以外に買付したい金融商品があるならば、一般NISAで決まりです。


非課税期間は5年間と短いですが、5年を過ぎたものはロールオーバーで次の年度の非課税枠に移してもいいですし、売ってしまってもいいでしょう。


ただ、私は5年経過した銘柄が配当を継続的に出してくれるならば、特定口座に入れてホールドを続けるのがいいと考えます。


多くの銘柄に手軽に分散投資したい


このような場合はつみたてNISAがいいでしょう。


分散投資を個別銘柄で行うのも、投資が趣味の私は楽しいのですが、おそらく大多数の方はそうではないと推察します。


ただ、以前も別記事で書きましたが、投資信託は基準価格の差による売買益が唯一の方法であることも事実ですので、そこだけは頭に入れておく必要があるでしょう。
(参考:積立投資の出口戦略について私見を書きました


まとめ


NISAには3つのラインナップそれぞれ非課税枠があり、活用の仕方によってはパフォーマンスを大きく向上させることにつながります。


ただ、制度自体が現在は有限のものであることを頭に入れたうえで、自分が投資で何をしたいのかを明確にした上であれば、自身にとって最適な制度を選択できます。


この記事が何かのお役に立てば幸いです。


※当サイトのこの手の記事には最近私のオピニオン表明的な側面も出てきましたので、ラベル「投資見解」を追加してみました。


0 件のコメント :

コメントを投稿

投資関連のオススメ書籍