【閑話休題】広告導入までの時系列

ようやく準備できました

※今回は投資関係の話とは無関係です。

今まで審査や準備に長く準備を要しましたが、今回晴れてGoogle AdSenseの審査に通り、サイト内広告を導入できました。
その過程で思ったのは、何もなしで1人で全てをやるのは極めて大変で、何をどうすればいいのかすらわからなかった、という事でした。
今回は備忘録も兼ねて、自分が広告を設置するまでにいつ何をしていったのかを書こうと思います。



記事を書き貯める

ネット上には、広告設置の審査のためには何記事書かないとアウト、みたいな事が多数書かれています。
ただ、そもそもある程度の記事を継続して書けない段階でブログの継続運営なんて不可能だという思いがありましたので、記事を連続して30日は書く、という事を自分に課していました。
ちょうど10月の中旬以降に30記事に到達しました。

Google AdSense への申し込み

私はblogger を使っていますので、blogger 経由で申し込みをしました。


画像の赤枠部分をクリックすると、ある日突然、blogger 経由での申し込みができるページとボタンが現れます。
それまでは特段見る必要が無いページでしたので、少し驚いたのを覚えています。
この辺の基準や条件は正直わかりません。
ここのボタンをクリックし、必要な情報を入力し、申し込みを完了しました。
この段階で、プライバシーポリシーや連絡フォームも作ってしまいました。
審査中は必須ではありませんが、広告の配信開始と同時に必要になるため、だったら今やってしまおう、というのがその心です。
また、時間を見つけてはアドセンス ポリシーも読み込むようにしました。

審査用コードの貼り付け

申し込みした段階ではメールなどは来ないで、住所や連絡先を入れた時に変更メールが来るくらいだったので、特段何もしていませんでした。
が、1週間程度なしのつぶてだったため、ネットを巡回していたら、ブログに審査用コードを貼り付ける必要がある事を知りました。
これが無いとそもそも審査が進みません…
これだけ重要な内容なので、間違いなく表示もあったと思いますが、読み飛ばしていたようです…

ネットなんかでは、blogger 経由の申し込みはホストアカウント扱いのためコードはいらない、なんていう声もありましたが、審査合格後はこのコードはそのまま自動広告のコードとして利用できるとの事でしたので、ならば今やってしまえという思いで貼り付けました。
審査用コードはGoogle AdSenseのアカウントページで確保できます。
こちらのページなんかを参考に進めました。



Amazonアソシエイトへの申し込み

さらに数日経過し、待つのが苦手な私はAmazonアソシエイトにも申し込みをしました。
書籍紹介を自分で選んでやりたかったというのも理由としてはあります。

一部ブログでは、審査中は設置するべからず、という内容もありましたが、アドセンス ポリシーにはそんな事は一言も書かれていませんでしたし、私のブログもAmazonが思いっきり載ってましたが無事合格しています。


AdSenseのコードが間違っている事に気づく

コピペの段階で一部コードが切れていました。
それでも、奇跡的にHTMLには悪影響を与えないところだけが欠損していたという、いいんだか悪いんだか分からない状態で、さらに1週間経過させてしまいました。
途中でグーグルの問い合わせフォームで連絡もしてしまったりと、思い返すと恥ずかしい事もしてしまいました…
コードを修正し、後はひたすら待つ事にしました。

合格、設置

コード修正かろ2日後には、合格のメールが届きました。



コードを修正したからなのか、blogger 経由での申し込みの順番待ちの結果なのかはわかりませんが、私の場合は数えてみたら約20日間、合格まで時間を要した事になります。
(30記事程度の段階で申請、現在50記事程度アップしているため)
本当ならば日付も全部控えておくべきでしたが、少しものぐさをしてしまいました…

その後自動広告と、一部インフィード広告を設置して、今に至ります。
こちらのページなどを参考に広告設置を完了し、今に至ります。

まとめ

設置からまだ数日かつアクセス数もまだまだ少ないので、収益は当然ながらゼロです。
ただ、収益以上に、ブログを書き続ける事で得られるものがあると思いながら、これからも筆を取り続けようと思います。
この記事が何かのお役に立てば幸いです。





0 件のコメント :

コメントを投稿

投資関連のオススメ書籍