高還元クレジットカードは投資を変えるか

高還元カードで投資が変わる?

クレジットカードのポイント還元は、2019年10月の消費税アップに合わせた軽減税率の還元率がどうとかいった議論が巻き起こる前から存在していました。
さて、ポイントはもらえるクレジットカードは種類も多いですが、使いすぎに繋がると言った声も聞きます。
カードは生活にどんな影響を与えるでしょうか。
今回はこの事について考えます。



クレジットカードとは

クレジットカードと言えば、皆さんの手元にあるプラスチックのカードを思い浮かべると思いますが、最近はApple Payやおサイフケータイの登場などもあり、手元にカードが無くても決済ができる場面も多々あります。
本当にあのプラスチックのカードが重要ならば、手元にカードが無くても決済できる、なんて事はあり得ないはずですよね。
では、クレジットカードをクレジットカード足らしめているものは何か。

それは皆さんの信用です。

信用があるから皆さんはそれを使って決済ができるし、本来その場で現金払いしなければいけない所を後払いで許してもらえる。
そしてその業務を代行するカード会社があるから皆さんの手元にはカードがある。
例えば無職、貯金ゼロの方など、返済能力が無いと判断されてしまったら新規のカードは当然発行されませんし、例えば定年退職した方は場合によっては今持っているカードの更新ができない可能性があります。
この辺の問題についてはこちらの記事でも書きました。
信用が無ければカードの更新は不可能、そうなると、手元のカードはただのプラスチックと化します。


カード決済の心配事

日本銀行決済局の調査によると、約3割の人が使いすぎの心配をしています。
NHKの番組でも過去にカード破産について取り上げられた事があります。
現金と違いカード決済はお金の流れが見えづらいため、中々収支が把握できない、という問題はありそうです。
その分現金の場合は目に見えて手元のお金が減っていくので、節約志向の方からは一定の支持ごあるのも事実です。
元も子もない言い方ですが、最終的にはいかにお金を使っている感覚をコントロールするか、そこがカード決済のリスクに対応する唯一の策になります。


カード決済の管理方法

散々怖い事を書きましたが、この辺のコントロールさえできてしまえば、日々の買い物に何かとポイントという名の還元があるのも事実なので、そういう意味でもカードには生活を変える力があると私は考えています。
以下、私が考えるカードの管理方法を2つ紹介します。

固定費払いの設定後、タンスの奥へ

もし使いすぎるのが怖くて自信がないなら、もうこれくらいしか方法は無いと思います。
生きている以上電気・ガス・水道は必ず使いますし、携帯電話や固定電話、インターネットも使うでしょう。
この辺を全部カード払い設定してしまえば、それだけである程度のポイントが期待できます。
こちらのサイトによると、2人世帯の水道光熱費は月18000円程度。
という事は、還元率1%のカードであれば、だいたい月180円は戻ってくる計算になります。

カード、家計簿アプリのアラート設定

カードには利用後にメールが来るように設定できるものがあります。
そして、Money Forwardをはじめとした家計簿アプリにも、アラート機能があります。
両方とも自分の携帯メールに設定して日々生活してみてください。
タイムラグはありますが、まあうるさいですよ。
私はこの方法で使いすぎを防止しています。
ここまでしてでも私がカードを使うのは、結局それがポイントの還元としていくらか帰ってくる事、そしてそれが間接的に投資資金の捻出に繋がるからです。

実際ポイント投資サービスがある

先程投資資金の捻出になると書きましたが、世の中には実際に得たポイントを投資に回せるサービスが存在します。
有名どころは楽天証券のポイント投資です。
最近はポイント擬似運用なんてものも始まってます。
正直なところ楽天市場の買い物は必ずしも最安値で目的のものが手に入るわけでは無いので(結構な確率でAmazonが安い)、ポイント投資はポイント有効活用を考えると有効な選択肢かと思います。
この辺の詳細はこちらのサイトでかなり詳しくまとまっています。
私自身ずっと興味はありながらも、今までポイントは浪費する事も多かったので、後日楽天証券の口座を開設し、記事にしようかと思います。
また、インヴァスト証券が出しているインヴァストカードなんかも面白いです。
これについてはこちらのサイトがとても綺麗にまとまっています。

どのクレカがいいのか

投資資金の捻出という意味で言えば楽天ポイントが貯まる楽天カードか、ポイントを直接投資に回せるインヴァストカードを当サイトでは推します。
より簡単かつポイントの汎用性があるのは楽天カードかなと思います。

まとめ

今回はポイント活用により投資資金が捻出できる、そしてポイントによる直接投資も可能である事を紹介しました。
カードの使いすぎにはくれぐれも注意し、日々の生活に活かしていただければと思います。


0 件のコメント :

コメントを投稿

投資関連のオススメ書籍