ふるさと納税はただ得なだけかを考える

ただの国策通販でしょうか?

この時期になると、テレビCMなどでふるさと納税を呼びかける声を多数聞きます。
もしかしたらみなさんの職場でもこの手の話題で盛り上がる事があるかもしれません。
ところで、このふるさと納税は本当にただの国策通販なのでしょうか?
今回はこの件について考えます。



ふるさと納税制度概要

納税ではなく、寄付

総務省の案内ふるさと納税制度概要によると、このふるさと納税は決して肉や海鮮を安く手に入れる制度ではなく、寄付なんですよね。
寄付額から2000円を引いた額が所得税や住民税から控除されて、確定申告、あるいはワンストップ特例制度の手続きをすれば、控除された分が税の控除という形で戻ってきます。

返礼品合戦

自治体によっては高額な返礼品をもらえる事もあり、時に議論になる事もあります。
こちらの懐はほとんど痛まないので、単に徳な制度にしか見えませんが、果たして本当でしょうか。


ふるさと納税制度のお金の流れ

この場合お金の流れは以下のようになっています。


ピンクがお金の流れです。

こうしてみると、1つの事に気付きませんか?


そう、納税者というバッファーが一枚あるので一瞬分かりづらいですが、これは自治体から自治体への税の移動です。
自分の住んでる自治体に2000円だけ残して、あとは寄付先の自治体に税を流す。
これがふるさと納税制度の概要であり、本質であり、正体です。

ただの税の移動か?

では、この制度の本当の意義はどこにあるのでしょうか。
何より重要なのは、これは、自治体への寄付をしない事には、税は1円たりとも他の自治体には流れないという事です。
これは、我々が自分の意思で寄付をする事で初めて機能する制度です。
もっと言うと、これは国にとやかく言われずに自治体の税配分を決められる唯一の制度と言えます。
もちろん返礼品は嬉しいですし、私も今年は定期配送のお米欲しさに楽天経由で高知県室戸市に寄付をしました。
ただ、必ずしも返礼品だけがふるさと納税制度の本質ではない事も知ってほしいと考えます。
返礼品以外では、例えば私は北海道の厚真町に僅かばかりですがふるさと納税制度を使って返礼品無しの寄付をしました。
これなら、寄付金の一部が返礼品の仕入れ値に当てられる事も無いので、全額を有効活用してもらえます。
税の配分で言えばこんなニュースが流れたりして日々うんざりする事かと思いますが、この制度は私たちが能動的に動けば好きなように税を配分し直す事ができます。
誰のお咎めも受けず、国会議員や官僚がなんと言おうと、私たちが決めれます。
意外と知られていないかもしれませんが、この事を私たちは知っておくべきではないかと、そう思えてなりません。

まとめ

最後の方は少しカタい文章になりましたが、返礼品がもらえる、と言うだけではないふるさと納税の本質を知り、かつ日々の生活にお得感や潤いが持てれば、それが一番ではないでしょうか。
この記事が何かのお役に立てば幸いです。




0 件のコメント :

コメントを投稿

投資関連のオススメ書籍