SBI証券でiDeCoのプランを変更

現在iDeCoで運用しているDCニッセイ外国株式インデックスファンドの手数料が今一つ気に入らなかったので、オリジナルプランからセレクトプランへの変更を行いました。
同じような悩みを持つ方の参考になればと思い、記事にします。
※2019年3月17日:手続きに進展があったので一部追記しました。
 2019年3月22日:プラン切り替え後の自分のプラン設定を記載しました。

SBI証券サイト側での準備

資料請求


こちらの画像はSBI証券のiDeCoタブのトップページです。
すぐ下のところに青いタブで「プラン変更手続きはこちら」とありますので、こちらをクリックします。
そうすると、下のようなページに飛びます。

飛んできた表の上から3段目、プラン変更をしたい、のリンクをクリックすると、資料請求フォームに飛びます。
あとは、所定の箇所をクリックし、書類が届くのを待ちます。

書類に必要事項を記入

大体1週間前後で書類一式が届きます。
届いたものには、所定の用紙以外に返信用封筒も入っていました。
届いた書類に、以下の内容を用意した上で記入し、ポストに投函します。

  • 氏名
  • 住所
  • 連絡先
  • SBI用iDeCoのID
  • 基礎年金番号

また、本人確認書類のコピーの同封も求められますので、記載されているものの中から都合のいいものを選び、所定の用紙に貼り付けて同封します。
私は例によって、運転免許証の表裏のコピーを貼り付けて同封しました。

※2019年3月17日追記
投函日は1月10日で、プラン変更に伴うIDおよび初期パスワードが記載された簡易書留が3月17日に届きました。
私の場合は約2か月かかりましたね。
サイトにログインすると、掛け金の拠出開始は4月という情報もトップページに出ていました。
届いたその日に、私は掛け金の配分割合も指定してしまいました。
私の設定は以下の通りです。

  • eMAXIS Slim先進国株式 88%
  • eMAXIS Slim新興国株式 12%
MSCI ACWI(除く日本)と同じ割合になるように2つのファンドを組み合わせた格好です。
普段積立設定でeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)を積み立てておいてアレですが、こちらの方が微妙に信託報酬を安く抑えられること、iDeCoは運用期間が非常に長いことからこんな感じで組んでみました。
今後もし証券会社を移すなどのステップを踏みそうな場合はNISAの設定にも反映させるかもしれませんが、それはまたの機会にでも。

この設定自体は大した時間を要するものではありませんが、放っておくと、5月1日からの法改正の関係上、面倒なことになりそうです。

まとめ

とりあえず、変更届を出してから2か月は最低でも見ておく必要がありそうです。
特に年末年始が絡むとかなり面倒だと思いますので、早めの手続きをお勧めします。
それではまた。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログへ

0 件のコメント :

コメントを投稿

投資関連のオススメ書籍